本文へ移動

会長あいさつ

新型コロナウイルスの感染拡大阻止に向けて頑張りましょう!

猛暑続きの夏が終わり、残暑厳しい中でも、夕暮れ時にはヒグラシやコオロギの鳴き声が聞こえる頃となりました。
コロナ禍の中でようやく熱中症のリスクが下がると思いきや即台風の到来、そしてインフルエンザの季節へと移り、新たな対策が必要となりそうですね。
徳島県でもコロナウイルス感染拡大が続き、会員の皆さま、特に現場の皆様におかれましては、日々のご労苦は如何ばかりかとお察し申し上げ、心より敬意と感謝を申し上げます。
連盟活動につきましても予定した研修や会議、イベントの中止が相次いでいますが、書面やメール、オンラインでの対応などでかろうじて進めています。会員の皆様にはご不便をおかけしておりますが、ご容赦ください。しかし、こんな時こそ繋がりが必要です。私たちは専門職として様々な知識や技術があります。看護職として現場に出なくてもできることが沢山あります。看護協会では看護職の方の力を必要としていますので、何かしたいと思われる方はぜひ、看護協会に連絡してあげてください。
また、知り合いの方に声をおかけください。そして困っていることを声にして連盟に届けてください。
これからどうなるのかまだまだ見通しが立たない状況ですが、明けない夜はありません。人々の知恵と努力で危機は乗り越えられるはずですよね。
 皆様と心を一つにこの危機を乗り越えるため、今、自分ができることを実践し、家族や周りの方々にも手洗いの実践、マスク着用、3蜜を避けるなどを促しながらwithコロナで連盟活動を進めていきましょう!
                  令和2年9月1日 
 
                               徳島県看護連盟 
                      会長  小島 泰代
 
TOPへ戻る