本文へ移動
ベッドサイドから政治を変えるために
 
「届けよう看護の声を!
    私たちの未来へ」
 
わたしたち徳島県看護連盟は、
現場で働く看護師達がやりがいを感じられるように、笑顔で看護を続けるために看護政策実現に向けた活動を行っています。
ベッドサイドから政治を変えるために
 
「届けよう看護の声を!
    私たち未来へ」
私たち徳島県看護連盟は、
現場で働く看護職がやりがいや生き甲斐を感じられるように、笑顔で看護を続けるために看護政策実現に向けた活動を行っています。
ベッドサイドから政治を変えるために
 
「届けよう看護の声を!
    私たちの未来へ」
 
わたしたち徳島県看護連盟は、
現場で働く看護師達がやりがいを感じられるように、笑顔で看護を続けるために看護政策実現に向けた活動を行っています。

新着情報とお知らせ

2020年度管理者教育者(含リーダー)研修を大島会長を講師にZoomで行いました。
2021-02-20

「これからの時代に即した看護政策の実現に向けて

看護連盟の為すべきこと」をテーマに日本看護連盟会長大島先生にご講演していただきました。コロナ過でしたので、Zoomでの講演となりました。

歴史背景を含めた日本看護連盟誕生から、看護協会と看護連盟それぞれの立ち位置と役割、また看護者の倫理綱領から看護の質を高めるための制度変革に参加する事が重要で、そのために政治活動や選挙活動を行う組織が看護連盟であり、看護職議員を国会・県議会に送り出し応援するために個々が選挙で投票に行くという行動が大きな政治力になるのだと改めて感じました。同じ目標に向かって協会は政策提言を政府へ行い、連盟は政治活動として与党へ行っていること、特に今回のCOVID-19に関する取り組みの紹介から連携の大切さがよく理解できました。これらのことを今後も若い世代に伝え、仲間を増やし組織強化していくことが、管理者・教育者・リーダーの役割であると認識できました。

TOPへ戻る