本文へ移動
ベッドサイドから政治を変えるために。
 
わたしたち徳島県看護連盟は、
現場で働く看護師達がやりがいを感じられるように、笑顔で看護を続けるために看護政策実現に向けた活動を行っています。
ベッドサイドから政治を変えるために。
 
わたしたち徳島県看護連盟は、
現場で働く看護師達がやりがいを感じられるように、笑顔で看護を続けるために看護政策実現に向けた活動を行っています。
ベッドサイドから政治を変えるために。
 
わたしたち徳島県看護連盟は、
現場で働く看護師達がやりがいを感じられるように、笑顔で看護を続けるために看護政策実現に向けた活動を行っています。

新着情報とお知らせ

令和2年2月1日(土)13:00からアスティとくしま第3会議室にて「徳島県の看護問題に関する意見交換会」を実施しました!
2020-02-01
令和2年2月1日(土)13:00~15:00徳島県の地域医療構想と今後の方向性についての知識を得るとともに、看護現場がどんなことに困っているのか、今後どうすればよりよい看護の提供ができるのか等について、現場の皆様方と徳島県政に携わる現与党の自由民主党徳島県支部連合会に所属する地域の県会議員の方々との意見交換を行いました。看護職54名、議員11名の方が参加されました。徳島県医療政策課 岡 航平課長の基調講演「徳島県地域医療構想概要と今後の方向性」は、とても分かり易くその後の意見交換でも多くの質問に回答していただきました看護協会長はじめ会員から人材確保に向けて看護師のみでなく看護補助者不足問題、子育て支援体制、産業看護師の実態について等、また議員からは看護職の研修についてなど多くのことについて意見交換がなされ有意義な時間となりました。
   
TOPへ戻る