本文へ移動
ベッドサイドから政治を変えるために。
 
わたしたち徳島県看護連盟は、
現場で働く看護師達がやりがいを感じられるように、笑顔で看護を続けるために看護政策実現に向けた活動を行っています。
ベッドサイドから政治を変えるために。
 
わたしたち徳島県看護連盟は、
現場で働く看護師達がやりがいを感じられるように、笑顔で看護を続けるために看護政策実現に向けた活動を行っています。
ベッドサイドから政治を変えるために。
 
わたしたち徳島県看護連盟は、
現場で働く看護師達がやりがいを感じられるように、笑顔で看護を続けるために看護政策実現に向けた活動を行っています。

新着情報とお知らせ

徳島県看護連盟一般研修会を7月6日に開催しました。
2019-07-08
令和元年7月6日13:30^15:00徳島県看護会館において石田昌宏を応援する会会長清水嘉与子氏をお招きして「看護の未来を託す」をテーマに研修会を開催しました。
67名の参加者を前に、選挙の歴史と看護職代表の議員がどのようにして誕生したか、連盟がどう活動したか、看護界がどのように変化したか等、ご自分の経験を踏まえてお話しいただきました。参加者の中でには、清水先生の選挙運動を実施した方々もおられ、活動の継続の大切さと議員と会員のあたたかな結びつきも感じることができました。
選挙を目前に控え、先生のお話で、代表を政治の場に送る必要性を再認識する良い機会となりました。きっと投票に、それも期日前投票に行く人が増える思います。
TOPへ戻る