本文へ移動
ベッドサイドから政治を変えるために。
 
わたしたち徳島県看護連盟は、
現場で働く看護師達がやりがいを感じられるように、笑顔で看護を続けるために看護政策実現に向けた活動を行っています。
ベッドサイドから政治を変えるために。
 
わたしたち徳島県看護連盟は、
現場で働く看護師達がやりがいを感じられるように、笑顔で看護を続けるために看護政策実現に向けた活動を行っています。
ベッドサイドから政治を変えるために。
 
わたしたち徳島県看護連盟は、
現場で働く看護師達がやりがいを感じられるように、笑顔で看護を続けるために看護政策実現に向けた活動を行っています。

新着情報とお知らせ

「徳島県の看護問題に関する意見交換会」を開催しました。
2019-02-06
平成31年2月3日(日)14:30~16:30、アスティとくしま2階第4会議室で、看護職代表の参議院議員石田昌宏氏をお迎えし、10名の徳島県議会議員の方々と連盟会員を中心とした県内看護職との間で「徳島県の看護問題に関する意見交換会」を開催しました。介護職員の給与差に伴う配置転換の困難さや子育て中の勤務者の保育問題、徳島病院の移転問題、へき地での訪問看護の困難さ、防災対策や人材確保対策等、現場が抱える様々な問題が出され、議員からも地域の現状説明や質問等の発言が相次いで出ました。石田議員から国政における看護政策の動向について報告を受け、現場の問題、今後の政策課題について、情報の共有ができ、これからの活動の一助となる有意義な時間となりました。
TOPへ戻る